何もかも全て失う前に

不倫が待ち受けている結末は、どれも悲劇的なものばかりです。 不倫がきっかけとなり結ばれた夫婦も現にいらっしゃいますが、幸せになれた人はほとんどいません。 多くは後悔の念に押しつぶされてしまい、中には何もかも失った人もいます。 良い例が芸能人でしょう。 表舞台に立っている芸能人でも、配偶者がいる人を好きになることはあります。 でも不倫報道された芸能人に待ち受けていたのは、過酷な現実でした。

例えばある大物俳優と不倫関係にあった元女性タレントの場合、裁判沙汰にまで発展したことがありました。 しかし裁判の相手が大物俳優だったということもあり、酷い嫌がらせの電話が絶えなかったそうです。 当時は既にタレント業を引退して別の仕事をしていた女性は、嫌がらせの電話により当時の仕事を辞めざるをえなくなったのです。 更には莫大な借金を抱えてしまい、お金を返すだけで精一杯の生活を送っています。 「たられば」を言ってしまうときりがありませんが、不倫の末路を語る上で元女性タレントの現状は不倫の末路の典型的なパターンと言えるでしょう。

もちろん女性だけでなく、男性も不倫で最悪な目に遭っています。 「ある男性シンガーと女性タレントの不倫」で、もしかしたらピンと来る方もいらっしゃるかもしれません。 不倫報道がされるや否や女性タレントは表舞台から一時的に姿を消し、男性シンガーは世間から大バッシングを受けました。 女性タレントは表舞台から復活したものの、未だに厳しい状況が続いています。 また男性シンガー側も女性タレントだけでなく、未成年の女性タレントと関係を持ってしまいました。 そのことが問題となり、男性シンガーは職を失うことになってしまいました。

不倫をした芸能人が後悔をしているかどうかは、正直な所全く分かりません。 でも彼等の現状を見れば、ハッピーにはなっていないのが見て取れます。 もちろん芸能人だけでなく、一般人も不倫をしてしまったが為に悲惨な目にあっている人は少なくありません。 不倫が原因で何もかも全て失ってしまい、後悔の念に苛まれているのです。 今は燃え上がっている最中で、「後悔なんて関係がない」と思い込んでいるかと思います。 でも自分は絶対に大丈夫と思いこんでいる人ほど、後悔に押しつぶされるのです。

後になって後悔しないように・何もかも全て失ってしまう前に、不倫からは抜け出した方が良いです。 出来るならば早い目に手を売ったほうが良いでしょう。 恋愛は自分だけがハッピーになれば良いのではなく、自分も周りもハッピーにならなければならないのです。