不倫をしない相手を見定める方法

独身でも結婚していても不倫をしない、という保証は何処にもありません。 それ故に異性を見るとついつい目で追ってしまうのは仕方がない、これが人間という生き物です。 しかし世の中には、異性のことだけを一途に見続ける人も少なからずいます。 そのためこういった不倫をしない相手を見定める方法について、紹介をします。

統計的に見ると、不倫をするのは男性が多い傾向があります。 そのため女性が付き合いたい相手としてまず第一にあげられる条件が、誠実であるという事です。 現在パートナーがいる女性は、嘘をつかない人、浮気をしない人を選択していると思いますが、実際のところはどうなのでしょう? チェックポイントをあげますので、自分のパートナーが誠実なのか不誠実なのかをチェックしてみると良いと思います。

【チェックポイント①】
誠実な人は行動力があるのか? 当然のことですが、せっかく付き合うのであれば誠実さは重要なポイントになります。 しかし誠実と言っても様々です。 例えば自制心をきちんと持っている人、相手の事をよく見てくれている人、言葉と行動が連動している人は少なくとも誠実であると言えます。 具体的に自制心を持っている人は、様々な事に対してきちんと向き合い真摯に取り組みます。 また相手の事をよく見て記憶してくれている人は、少なくとも自分に興味を持ってくれている表れですので、相手への誠意があると考えられます。 言葉と行動が連動している人は、有言実行という言葉もあるように実行力があり誠実であると言えるでしょう。 嘘つきは行動が伴わず口先だけになりますので、かっこいい夢物語の話しをする人は信用してはいけません。 会話に、具体的な話しがあるのかをよく聞いてください。 誰が、いつ、どこで、何を行ったが嘘つきには話せません。 想像で話しをしているので、変だなと感じた内容には突っ込みを入れると即答に困る傾向が見られたら注意が必要となる人物=誠実ではない人物でしょう。 好きだと相手の話を全て信じる人が多いのですが、ここが大きな問題です。 疑うことの大切さを知りましょう。

【チェックポイント2】
誠実な人は他人からも良く見られるのか? 他にも誠実な人は他人から良く見られ、その人の周りに集まる傾向があります。 例えば仕事を真面目に取り組み信頼されている人、思いやりを持った行動ができる人、同性に好かれている人などが該当します。 具体的には仕事ができる人は重要なポジションを任されたり、どことなく格好良く見えるものです。 それ故にプライベートでも同じ行動を取り、知らず知らずのうちに人を惹きつけます。 思いやりを持った行動ができる人は、相手の立場に立った行動ができる人ですので、少なくとも不倫をした時の相手の心を理解できる人だと思われます。 同性に他人に好かれている人は意識して行動しているわけではなく、自然と形成される人間関係が影響していますので、根が誠実であると言えるでしょう。

不倫しないために相手を見定める方法についての、チェックすべきポイントを紹介しました。 ここに上げたポイントは代表例となり、誠実な人には多く見られる行動ですので参考にしてもらえればと思います。 ただ最終的な判断はやはり自分の直感とマッチングが重要ですので、自分を信じて相手を決められるように努力をしましょう。