男と女の罪悪感

男と女が感じる「不倫」は、根本的に違います。 だから不倫について男と女が長時間かけて話をしても、根本的に考えが違っているので話は終わりません。 また不倫への罪悪感も、全く違います。 男性は自分自身を攻めることは、絶対にやりません。 「俺はなんて馬鹿なことをしたんだろう」と口では言うものの、本心は別の所にあるのです。

男性が感じる不倫の罪悪感は、ミスをしてしまったというものです。 もう少しわかりやすく言うと、仕事で失敗をして上司に怒られたとしましょう。 男性は自分のミスは悔い改めますが、自分を攻めることはしません。 でも女性は違います。 仕事で失敗をして上司に怒られると、私が全て悪いと落ち込んでしまいます。 自分はなんて駄目な人間だと泣いてしまい、責任を取って会社を辞めるまでに至ってしまいます。

男性側が自分を攻めないということに関して、異論がある方もいらっしゃるでしょう。 寧ろ女性の方が開き直り、男性の方が落ち込み方が激しいという声もあるでしょう。

でも男と女が不倫について話をした時、必ず「男の不倫は遊び」「女の不倫は本気」というワードが出てくるかと思います。 男は妻以外の女性とも話をしてあわよくば、ベットを共にしたいとも思っています。 1人の妻を一途に愛するのではなく、他の女性と遊んでみたいと思うのです。 でも女性は不倫をすれば、周りが見えなくなります。 たとえ男が「火遊び」と思っていても、女性にとっては「運命人」と思い込むのです。 しかし例え「運命の人」であったとしても、何処かに駄目なことをしてしまったという後悔の意識があります。 駄目なことをしたのは自分自身に原因があると感じ、罪悪感に襲われるのです。

罪悪感から立ち直ることが出来れば、浮気から抜け出すことが出来ると思うかもしれませんが、事はそんなに単純な話ではありません。 罪悪感があるからこそ、抜け出せなくなっている方もいらっしゃいます。 人を好きになるという行為は感情の一種なので、悪いと分かっていてもコントロールはきかないのです。

一見すると難しい感情のコントロールですが、ある程度抑えることなら可能です。 相手の周りを少しでも良いから、考えることです。 相手の夫・妻は、一体どういう気持ちでいるのかを考えます。 また出来るのならば子供の気持ちにも、真正面から考えてみましょう。 自分の父親・母親が他の人と付き合っていると知れば、どういう気持になるでしょうか。 今すぐ出来る方法ではありませんが、コツをつかめば悩みからは解放されるでしょう。