不倫から抜け出したいと考えている人へ

「悪いことであるのは分かっているから、悪いことは絶対にやらない」と世の中の人全員が思っているのならば、警察も治安部隊も必要ありません。 ただの税金の無駄遣いです。 しかし「悪いことであるのは分かっているけど、何故か辞められない」という人が多いから、何処の国でも警察組織や治安部隊があるのです。
ではなぜ「悪いこと」であるのを分かっているにも関わらず、辞められないのでしょうか。
理由としては辞めたいという気持ちに、知らない内にブレーキをかけているからです。 例えば酒の場合、飲み過ぎると体を壊してしまいボロボロになってしまいます。 酒の危険性は昔から色んな所で言われ続けているので、今更説明するまでもないでしょう。 でも酒を飲むことにより嫌なことを忘れて、楽しい気分になります。 だから禁酒を一旦決意しても、「お酒はストレス解消にもなるし、とても美味しい。付き合いもあるから今すぐは辞められない」と考えてブレーキをかけるのです。 しかし本当に「今すぐに辞められない」と、思っているのでしょうか。 お酒の付き合いは何処でもありますが、理由を言って断れば済む話です。 ストレス解消で飲んでいたとしても、お酒以外にもストレス解消法は幾らでもあります。 つまり「付き合いとストレス解消でお酒が辞められない」というのは、本心ではありません。 本心は「自分が飲みたいから飲む」にあるのです。

また「辛いことから逃げ出したらダメだ!」という心理も、やめたいと思ってもやめられない原因です。 悪いことをして悲劇的な状況にいることは、「人生の修行」と思い込みじっと耐えていることが美徳と考えているのです。 頑張る行為そのものは、決して悪いことではありません。 目標に向かって突き進めば、どんな悩みからも解放されるでしょう。 でも悩んでいる原因を何とかしなければ、問題解決の糸口は見せません。 「辛いことから逃げ出したらダメだ」と考えている方は問題を解決しようとは、微塵も思っていないのです。 寧ろ問題に対して、じっと耐えている自分を誇りに思っているのです。

不倫も同じです。 不倫行為は社会的にも絶対に許されないことであるのは、不倫当事者達も頭では分かっています。 他人に言われるまでも、顛末がどうなるのかも重々承知しています。 でもやめられないのは、先程述べた「悪いことがやめられない」のと同じような理由です。 絶対に許されない恋が快感となっており、不倫に浸っている自分自身をドラマの主人公のように思い込んでいるのです。

また心理学研究によると、不倫に走るきっかけになるのが「自由を取り戻す」ことと言います。 例えば専業主婦の方であれば、毎日の子育てや育児で自分の時間が持てない方もいらっしゃるでしょう。 時には何処か遠くへ逃げたいと思っていても、逃げ場がなく八方塞がりの状況です。 でも不倫であれば、家事や育児に追われることはありません。

では不倫から抜け出したい時には、どうすれば良いのでしょうか。 まずは夢から早く覚めることです。 不倫相手と会っている時は夢を見ているようで、現実世界を忘れさせてくれます。 でも夢は時間が経てば、いつかは醒めます。 そして醒めた後に待ち構えているのは、今とは比べ物にならないほどの地獄です。 相手側からは給与数ヶ月だけでは足りない額の慰謝料を請求され、家庭や職場の居場所も全て失ってしまいます。 もしも全て失ってしまうと、どうなるのでしょうか。 当たり前に目の前にあるのが、全て失う苦しみは経験者でしか分かりません。 それでも耐えられるというのならば何も言いませんが、3日で音を上げるのがオチです。

恋する気持ちを押さえ込むのは、到底不可能な話です。 そもそも簡単に押さえ込むことが出来れば、不倫で悩んでいる人はこの世にはいません。 でも自分の今の状況を考えて、もしも周囲にバレたらどうなるかは考えられるかと思います。

また恋愛依存になっている方も、要注意です。 例え相手が既婚者で子供がいたとしても、愛し愛されることに喜びを感じているのです。 愛し愛される関係になることは、決して悪いことではありません。 でも愛し愛される為には危険を顧みず周りが見えなくなれば、要注意です。 不倫になれば相手の配偶者が邪魔に思い、とんでもない行動に出てしまう恐れもあります。 愛される為であれば社会的に決して許されない行為であっても、喜んで手を付けるのが恋愛依存の特徴なのです。

不倫の世界に入ればドラマの主人公となり、日常生活では考えられないようなスリルと興奮が味わえます。 不倫をしているからこそ、毎日の辛い家事や仕事が乗り越えられるという方もいらっしゃるでしょう。 でも不倫の代償は、想像しているよりも大きいものです。 「ばれなければ大丈夫でしょう」という考えは、今すぐにでも捨てて下さい。 不倫は100%バレます。 そしてこれからの人生を明るく過ごす為にも、不倫から抜け出したいと考えているのならば、実行すべきです。

上記で記載したと通りバレないという不倫はないのに不倫をしている方の約6割が不倫はバレないと認識しているのです。

芸能人や政治家で不倫がバレたことにより、「辞任に追い込まれた」「謹慎処分になってしまう」などのニュースはよく目にしますよね。

一般人であっても同様で公務員、銀行員、保険会社、などの信用が命の企業では懲戒免職で退職金がもらえないこともあるようです。
実際に、不倫は同僚同士で起こることが多く、会社に一緒にいる時間が長ければ心を通わせてしまうケースが多いからです。
夫や妻の愚痴を話していれば、知らないうちに同調してしまうものですからね。

大手中古車販売店では、以前は女性従業員もいましたが社内不倫によるトラブルで業務に支障をきたすために女性従業員の雇用をしないようにしたのです。
ここまで問題となる不倫というものは、男女の好意が引き出す人間として当たり前の気持ちではあるのですが、相手は既婚者であるため悲しむ人もいるという現実を理解していないところに問題があります。
男性でありがちなパターンは、「奥さんがいない独身だと嘘をつく」「奥さんとは別れる」「仮面夫婦だ」という場合もありますが、奥さんにも良い顔をして不倫相手にも良い顔をするなどの八方美人タイプは厄介です。

もし、お金を貸してなどといわれたら断りましょう。

この手のタイプは、音信不通になりお金を持ち逃げする可能性が極めて高いからです。

不倫は依存性が高いものですので、一人でどうしても解決できない場合は相手の行動を見て信用できる人物なのかをもう一度見つめ直す必要があります。

現実を受け入れ夢ではなく現実を知りましょう。
長く交際することで、無駄な時間やお金を使わなくて済みます。
もし、嘘ばかりで後々それが露呈し場合で不倫をしていた方がよくいうことでは、「私は騙されていたのでしょうか?7年交際した時間を返して欲しい」と。

20代の7年でしたら結婚も考えていたのに結婚適齢期が過ぎてしまい一生独身になるかも知れませんし、男性にトラウマを持ち交際するのも恐くなるかも知れませんよね。
現実を知りどのように対応すべきなのかを示す機関があるのをご存じでしょうか?

下記のサイトにアクセスしてみてください。
↓↓↓
仙台 興信所詳しく不倫について書かれています。

身を滅ぼすような恋をしてみたいドラマのような…そんな気持ちは誰にでもあるかも知れませんが、不倫をされた妻や夫の立場になれば、やはり不倫をする行為はとどまるべきといえるのではないでしょうか。